上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日曜日、長男と一緒に『八ヶ岳ロードレース 親子の部3km』に出場してきました
年長さん記念に小学生の胸を借りて、きれいに紅葉した木々を見ながら走ってきました

元気にスタートした後、14分43秒後にゴールゲートにもどって参りました
登りと下りしかないハードなコースレイアウトですが、お兄ちゃん よく頑張った

毎日見ている家族の成長には、えてして気付きにくいものですが、真剣なまなざしでひた走る息子を見て、胸が熱くなりました 長男に続き、長女、次男が親子の部を卒業するまであと11年。一緒に出場してくれるかは分かりませんが、その間 せめて3kmを9分そこそこで走れる体力は維持したいな、と


スポンサーサイト
2013.10.28 / Top↑
本格的な冬のシーズンに入りました



山梨では、毎年12月第1週に『県下一周駅伝』という大会があり、地元紙・TV局の後援ということで大変盛り上がります。ランナーにとっては、まさに一大イベント 市町村対抗の駅伝となっており、ワタシも『おらがまち』のいち駅伝部員として毎年出場しています

おらがまち駅伝チーム最高順位は3位。おととしは8位。去年は9位。そして今年は11位…。下降しています

おらがまちの駅伝部、実は3位に入賞した年から7年、主要メンバーが代わっていません。チームの不振の原因は、チームが高齢化していること、そしてそこへ割って入る若手ランナーが育っていないこと。ポイントは、単純かつ非常に難しいところにあると感じています

チームの走力の維持と底上げ、そして後進の指導・育成が課題です。

個人的にも、精彩を欠いた走りでした。1日目、ここ数年走り続けている区間を今年も任せられましたが、例年の記録よりも2分ほど遅く、2日目は走るべき区間を走れず、つなぎの区間にまわるという状態。

神流50kmで出し切ってしまったワタシは、コースレコードと引き替えに左足のヒラメ筋を痛めてしまい、スピード練習ができませんでした。練習でできていないことは本番でも絶対できない。それが顕著にあらわれる年齢にもさしかかっています…。

1日目、2日目とも10数km。時間にすればたかだか30~40分のことなのですが、強烈な痛みに耐え続けるということは、いやはや苦しいことです ハセツネもそうでしたが、悲壮感RUNはやはりタノシメナイ…

昨年に続き、ワタシはチームのキャプテンとしてやってきましたが、昨年のようなRUNに対する『情熱』をメンバーに与えることができなかった…。合同練習会にもそれほどたくさん参加できなかったため、メンバーの状況を把握しきれなかった。結果として『強くなりたい』という気持ちはあれど『強くなるためのプロセス』が不足していたメンバーに十分なアドバイスもできなかった。

キャプテン失格、そう感じた2日間でした。

やはり、あれもこれも求めるということはできませんね。欲張って両手いっぱいに抱え込んでみても、ポロポロとこぼれ出す…。

『来年に向け、駅伝チーム再生を目指す』、これは切に願うところ。しかし、ワタシ自身の来期の構想を考えると、チームを先導してはいけないな、と。そのかわり、後方支援をしっかりとしていきます 新しい『風』を吹き込みましょう トレイルやってもスキーやっても、『走力』は全ての根本 おらがまちの仲間たちとこれまで通り、いやそれ以上に切磋琢磨していきたいと思います 
2012.12.04 / Top↑
今日は、おらがまちで開催された駅伝大会に参加してきました
おらがまちの本日はポカポカ陽気、あたたかかったです 
まさに駅伝日和な1日でした。

私の任された区間は3区、4km。3週間後に開催される『県下一周駅伝』のメンバーとなるチームメイトはそれぞれのチームに散り、今日はライバルです 

3分/㌔ の感じでは走れたので、◎な手ごたえ 神流の疲労もなく、『フフ~ン』とゴキゲンに走ってきました。山もイイですが、スカッとアスファルトの上を滑っていくのも気持ちがイイ

かぁちゃん&チビーズが応援に来てくれました。

かぁちゃん『なぁんか走り重いねぇ…』

監督、き、、、きびしいっスね 

ロード全盛期の山岳さん or こないだ見てた駅伝の青年達と比べちゃイヤよ
年相応に頑張ってマスからね。

う~ん、かぁちゃんをうならせる走り目指して頑張りマッス
2011.11.13 / Top↑
朝から降り続いた大雨もお昼にはやみ、あっという間に晴れ間が

今日は19時から久々に、おらがまちの駅伝仲間と練習してきました。本日の参加者は8名。やっぱり、大勢で走るとあっという間に時間は過ぎ、本当に楽しいひとときを過ごすことができました

おらがまちの駅伝チームは、高齢化の波が押し寄せています(苦笑)。若い選手の育成が急務であるとともに、なんとかメンバーの今の力を維持し、試合後、少しでもおいしいお酒を飲むために汗を流しています。仲間が集まると、いろんな情報交換ができておもしろい 情報に影響されすぎるのはよくありませんが、いい刺激をもらえることにはとても感謝しています

最近、一緒にお山にでかけるメンバーもでてきて、ロンリートレランをせずにすんでいます 先週末には、トレランデビューした仲間『シルバームーン』兄弟がそろって入賞!自分のことのようにうれしかったです。

彼らにとっては、私は一応、山の先駆者にあたるので、これからも山の楽しさ、厳しさ、そしてマナーを伝えていきたいと思います。

先日、丹沢山系で縦走中、滑落して亡くなられたトレイルランナーがいらっしゃいました。道志や北丹沢といったレースに出場、年代別では上位の記録を残されている方。天候が悪く、救助のヘリが滑落ポイントにたどり着ける状況ではなかったこともあり、蛭ヶ岳山荘の方々に見守られながら息を引き取られたとか(野崎さんブログより)。どんなに山に精通された方でも、天候や体調、様々な悪条件が重なると命を落とすことがあるということをあらためて思い知るニュースでした。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2011.05.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。