FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
UTMF、100マイルの旅が無事、終了しました。
良くも悪くも、私の持ち味が凝縮された24時間となりました。

レースの過酷さなど、一遍も覚えていないほど楽しい思いをさせていただいた今回。fbをご覧いただいている方々には『TJAR並みに寝た』旨、お伝えしていますね あのペースで走ってきて、途中グースカ寝たのは恐らく私だけかと…

しかしながら、チームスタッフや応援・サポートに駆けつけてくださった皆さんにはご心配、ご迷惑をおかけするかたちとなってしまいました。

きらら
山中湖きららの in/out time 2:26’って…

こどもの国辺りから突然襲われた強烈な眠気と眼球の痙攣。『ただひたすらに楽しく』をモットーに走ってはいましたが、同時に『トレイルレーサーとしての意地』を見せるべく進み続けていただけに

『まぁ、オレらしいなぁ
と 失笑半分、

『なぁんで今なんだよぉ
と 悔しさ半分…。

無理なし、痛みなし。唯一『目の痙攣』による視界不良とその不安と戦い続ける夜間走

やがて朝日が昇り 日を浴びた安堵感、チーム100マイルの山屋さんが追いつき 先を追ってくれたこと、そしてようやくスタッフや応援に駆けつけてくれていた家族・仲間たちの顔を見られた。

全てが一度『切断』された瞬間。

でも!

『目さえ何とかなれば…』という気持ちを最優先してくれたサロモンチームスタッフ
気を失っている私を台に上げ、見立てをしてくださった芥田さん
回復を願ってマッサージを続けてくださった北原先生
できることがあれば何なりと、と体制を整えてくださったサポートチームの皆さん
2時間半もの間、乳飲み子をだっこし寄り添ってくれていたかぁちゃんと、
おりこうさんで待っていてくれた子どもたち

その他、たくさんの方々に支えられ、再び歩を進めるチャンスをもらいました

ゴール2
160kmを笑顔で締めくくらせてくださった皆さんに感謝

なんかオイシイトコどりな感じ満載ですが、すばしりエイド辺りまで海外勢とレースを展開できたことは、何物にも代えがたい貴重な経験となりました

トレランを始めた頃、スターランナーの後ろに張り付き、毎回潰れながらも経験値を上げていった日々が懐かしい かくして、私もようやく『100マイラー』を名乗ることが(とりあえず)許可された(かな?)ので、次の目標に向け、精進していきたいと思います。

ご声援ありがとうございました

レースの詳細は、また落ち着いたところでUPさせていただきます
スポンサーサイト
2013.04.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。