FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちょっとあきましたが、今回のヨーロッパ遠征のシメをば

このファミリーライクなカンジ、チームとしての一体感、そして売れる物の開発ではなく選手の勝ちを導くプロダクトを追及する探求心。SALOMONの強さの秘密は、

『強い選手のスカウティング』<『「選手1人ひとりの責任感」を引き出すマネジメント』

だと感じました。これだけやってくれたら、結果にこだわらなくてはバチが当たる、選手はそう感じています。


S-LABプロジェクト製品の今後についてのディベート。詳細は明かせませんが、皆 真剣!
フランソワ大興奮で、それにつられて全体的にヒートアップ



プロダクトマネージャーGreg。そして、その鋭い切り口をやんわりサポートするJonathan Wyatt。
Gregのカリスマ性とJonathanの統括力、そして選手たちの要望を具現化してくれる職人たち。
彼らの力なくしてはSALOMONは成り立たない。



S-LABプロダクトのテスト。来季にお目見えするもの、二度と日の目は見ないもの、その選択は全てこのAdvanced Weekでの選手の意見によって取捨選択される。そんな中に入って意見できたことは、ワタシにとって大変光栄なことだった。




Font Romeuの夜明け。自身の中でも何かが明けた、そんなカンジ


Kilian's ClassiKのコースチェックは、選手もお手伝い。




Kilian's ClassiKのコンセプトの1つでもある『Feel Free』。大自然の中をロストのない最小限のマーキングの中で、どこ走ってもいい!という解放感を味わえる。大会自体もあたたかく、日本人のランナーにはぜひオススメしたいレース 来年はFont Romeuからピレネー山脈を通り、海まで突き抜ける100マイルレースも組み込まれる予定。サロモンアスリートと共に走りませんか











サロモンアスリートは全員を見送ってから最後尾より追走!
ってコトは、参加者全員が、1回はサロモンアスリートと並走するチャンスがある!ということ。
ワタシも顔を売ってきましたwww



キリアン、グレッグと共にトップで入ってきたのは、Zegamaで14位だったスペインの選手。


ずっこけ3人組!仲良く4位でフィニッシュ


45kmの翌日は、10kmのレースとキッズレース、バーチカルレースの3本立て
でもみんな元気



Font Romeuサイコ-


オリンパスマラソン優勝、現役オリンピアンのディミトリス。体凄過ぎだからっ
日本にはマラソンで何度も訪れている為、日本語けっこう話せます。



ヨーロッパのキッズ、速い
ナメてた、幼少期から神がかっている…



バーチカルレースは、サロモンアスリートの距離を1として、一般レーサーが2/3、キッズは1/3を走ります。下から追走するものの、さすがに追いつきませ~んっ


子ども大好きのスティービーは、アメリカの学校の先生
彼氏募集中の28歳



サイコ-の仲間、サイコ-の思い出


まずは、彼らの土俵に上げてもらえた。シコくらいは一緒に踏めた!
次はぶつかり稽古、そして結びの一番へと 


インターナショナルアスリートとしての責任感、これはワタシにとってとても大きく、重いものです…。ただ、このチャンスを生かしていきたい!日本にはなかなかそういった環境がないことがなんともツラいところですが、最大限にもがいていきたい そう強く感じた遠征となりました。まずは結果、速く走ってナンボの世界にとうとう両足を突っ込んだカタチとなりました。

山岳さんこと小川壮太、頑張ります 
スポンサーサイト
2013.08.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://soyanrunandski.blog97.fc2.com/tb.php/347-b6be0d5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。