FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
よく聞かれる質問。。。

『山岳さんってフォアフットなの?』

う~ん、答えは『ノー』である…。

別に関係各位の方々にケンカを売っているワケではないし、わがチームの某レースシューズを否定しているワケではないんですよ。でも、いつも答えは『ノー』にしています。

基本の動き『モモ上げ』の連続写真


接地

ただ触れているだけ。立っているワケではない。

キャッチ・加圧

反発もらう(クツの変形でワカル)

浮いちゃう(受動)

離陸(受動)

腿下げ(腿上げではない、反発を受けた腿は勝手に上がるもの)

シザース(はさみ込み動作で支持脚が入れ替わる)

下降

接地

山岳さん、フォアフットじゃん? ちがいます。ココで圧をかけても足が壊れるだけ。

圧をかけて反発をもらうのはココ、足裏全体

どの写真見ても力みないでしょ!? 『やって』ない、そう『なっちゃう』。うん、自画自賛

俗に言う『モモ上げ』です。でも、やってる側の内面の『感覚』と見た目の『現象』には、時に180度のズレがあるということ。この連続写真からどれだけのことが伝わるかは分かりませんが、ワタシの陸上競技生活の全てがこの基本運動に凝縮されています。現象としては『モモ上げ』、しかしやり手の感覚としては『モモ下げ』、いやむしろ何もしていない。そうなる。無意識化されてるものを意識化しないと何をしてるか分からなくなるような感覚、動き。

この『その場での動き』軸が前方に1度傾いただけで体は自然に前進し、訳も分からず『移動』を始める。走っていない、何もしていない。不思議な感覚。軸の傾きが足元に『フォアフット』状態を生む。つま先で着地することが走ることじゃない。写真を見て「つま先で着地してるじゃないか」と人は言う。確かにその通り。しかしそれは現象であって、本人の感覚ではない。あくまでも感覚は『足裏全体でキャッチング』している。

傾きが大きくなればなるほど加速する。見た目もますます『フォアフット』現象として現れる。しかしどこまで傾いても感覚は揺るがない。感覚はあくまでも『足裏全体でのキャッチング』なのである。例えスピードが上がってきてかかとが接地する瞬間が全くなかっとしても、である。

しかし、ワタシの中で3’00”/kmのスピードの世界にかかとがどフリーになるほどの『傾き』が必要か、と自問してみる。するとやはり『フォアフットなの?』に対する答えは『ノー』なのです。100mダッシュしてみても、やっぱりつま先だけで走る感覚はやろうとしなけりゃ出てこない。。。

やってしまったら、そりゃケガをする

そうはいっても『フォアフット=つま先で走ろう』でないことは、多少ランニングをされている方ならもう常識ですよね。ただ、それでも『フォアフット→かかとはついてはいけない』と思っている人は少なくない…。運動を理解するっていうことは、その運動を多角的にとらえる必要があるし、指導者には動きの本質をとらえさせるための、その人にあった『知識の引き出し』『動きの宝箱』を持ってないといけないのです。

『あいつに教わったらケガした…怒』

こりゃ コワいっす

基本の動きっていうのは、動きの基本。正しい動きを20時間し続けてたら100マイル終了ってのがホンモノ。コレ、意外と新しい、楽しい境地 基本って大事ですよね


スポンサーサイト
2013.09.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://soyanrunandski.blog97.fc2.com/tb.php/354-7a216ac8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。