FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
走動作、加速段階の動作解析

地面からの反発をもらい、体がはねる。小川塾①で紹介した『縦方向への移動』との違いは、『軸の傾き』があること。軸が傾いているだけで、やっていることはほぼ同じ。軸が傾いた状態での通称『モモ上げ』。シザース動作に若干、回転運動が加わることで、より滑らかな動きとなる、の図











地面からの反発を より効率よく移動エネルギーに代えるためには、着地する足はまっすぐに近いカタチが理想(難しいが極める価値あり)。接地はつま先部分。だけど圧が加わり、地面からの反発力をもらうのは足裏全体となる。ふくらはぎの小さい筋肉で体重の数倍にもなる反発力を受け続けるのは、よほどの筋力がないとムリ。反発力を受け、支え、移動エネルギーに代える仕事は、骨・腱・関節にさせる。


接地と軸の傾き

接地は母指球。だけど圧はかけない、『フェザータッチ』。

脚が軸と一直線上に来た時が『加圧』のタイミング。
慣れてくれば、圧を受ける体型を作るだけで『加圧』しなくても勝手に圧を受けて進んでいく。

蹴っていない、何もしていない時間。ここで蹴ると、脚は軸線よりも後方へ動いてしまう。そうなると、蹴り脚が素早くもどらず、腰が落ちる原因となる。腰の位置が高い・低いは、この動作に起因する。

地面から離れた足は、回転運動をまじえながら軸の線上をたどって動いていく。


背面に直線を引いてみました。

足先から頭に突き抜ける反発力。各関節が曲がっていると外力はクッションのように吸収されてしまい、効率よく推進力に代えることが難しくなる。

俗に言うその場での『モモ上げ』が、ただ軸が傾いただけという感覚。

脚の回転運動が加わるため、くるぶしの位置は背面ラインを越える。

しかし、太股が背面ラインを越えることはない。

太股がハサミのようにお互いに引き寄せられる。

シザース動作

接地する時には、逆脚の膝位置が体の真下までもどってきていれば◎

反発力をもらう時には、膝は接地脚の膝位置と同じ場所に位置している。

地面からの反発力に加え、腕や振り上げ脚から生み出される推進力を使っていくと『移動』していく。してしまう。


接地時、接地点と頭を結んだ直線は、地面と垂直の関係にある。
骨盤-膝ラインも地面と垂直の位置までもどってきている。
もどってきていないと、反発力と推進力を融合することができない。


体重を支え、反発を受けられる『パワーポジション』。
『エネルギー』のラインが母指球から足の中心、足裏全体に移動していることが見てとれる。
反発力をもらう頃には、膝はこの位置まで移動。すでに力の融合が始まっている。

あくまでも接地は母指球。ただしフェザータッチ。「ふわっ」であり「どんっ」ではない。
足裏全体での接地では反発の『受け』が間に合わない。体の構造上、衝撃がかかとや関節にくる。これが俗に言うヒールストライクによる障害。

注意しなければならないのは、この動作解析は100m11~12秒くらいの速度の中での体現である、ということ。100マイラーには必要のない接地方法や傾きである。しかし、この基本動作の回転数を落とし、軸を緩めたものが100マイルランの極意である、ということ。どんな走りも基本は同じ。

重要なのは、頭・肩・腰・膝・くるぶしといった要所の部位の位置関係軸の傾き。ひいては『走る』行為からの脱却、そして『移動してしまう』の感覚の習得 

フォアフット、ミッドフット、ヒールストライクという言葉だけにとらわれるのではなく、まずは動きの本質を知ることから始めましょう。やることはいっぱいあるんです。
スポンサーサイト
2013.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://soyanrunandski.blog97.fc2.com/tb.php/355-c2267882

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。